ひきこもり刑事(デカ)/第2話

2009-09-03 (木) 23:00:03 (2876d)

ひきこもり刑事(デカ)/TOP

第2話 ITベンチャー不正取引事件を洗え

「穴戸、ちょっと調べてもらいたいことがあるんだ」

 ある日、課長に呼ばれたヤスオ(ひきこもり刑事)。課長が言うには、いま絶好調のITベンチャー企業の社長に、不正な取引の噂があるらしい。しかも、署長が昨晩、有名企業幹部と飲みに行って聞いてきた。そこで、署長は相手に、

「大丈夫。うちにもITに強い若手がいるんですよ」

 と言ってしまったが、この「若手」とはつまりヤスオのことだというのだ。  署長の指名に張り切るヤスオ。

「いや、そこの社長の後輩の妹の彼氏と昔知り合いだったんで……」

それは他人ではないか。

だが翌朝。

「調べました。報告書にまとめましたので、プレゼンの時間をいただけますか?」

「プレゼン?」

「ええ。プロジェクターがあるとベストなんですが」

ぼうぜんとする課長に、パソコン画面の報告書を見せるヤスオ。

hikideka-2-pawapo.gif

 ヤスオの大好きな世界地図のテンプレート。    だが、内容がテンプレート負けしていることには気づいていない。

「すごいな。よく調べたじゃないか。しかもこんな短時間で」

「ええ、まあ」

「誰か、知り合いに聞いたのか?」

「……ええ、昔からちょっと知ってるヤツがいまして……」

「内部の人間か?」

「……ええ。たぶんそういうヤツもいます」

「何人もいるのか?」

「……ええ。……まあ」

「そうか。よく頑張った」

 しかし、パワーポイントの画面の下には、別の画面が隠されていたことに、課長は気づく由もなかった。

hikideka-2-2ch.gif

がんばれヤスオ、いつも2ちゃんは君の味方だ !


第3話「楽天市場・連続万引き事件を追え」につづく


ご感想などありましたら、 皆さんのコメント宙毒 までお願いします。

ここを見た人はのべ 2798 人。

この話はフィクションであり、実在する団体や個人とはいかなる関係もありません。神奈川県警だけ名前を借りましたが、あとの固有名詞は全部実在しません。実在するのは、私やあなたや穴戸くんのような「会社内ひきこもり」ですから。