ありえない黒澤映画

2009-09-03 (木) 23:11:38 (2876d)

ありえない酒のラベル

カオルンバ師の書道芸による「ありえない」シリーズの第2弾。日本の巨匠、故・黒澤監督の映画のタイトルを考えてみました。

こんな黒澤映画、ありえません!!

さあ、どうぞ。

noraama0.jpg

▲流行語「入水してやる」を生み出した、黒澤中期の代表作。瀬戸内海の小島を舞台に逞しく生きる尼と、ナチスの壮絶な戦いを描いた。 ラストの入水シーンのカメラワークは圧巻。のちに、マトリックスのタイムスライス撮影の先駆けとなった作品であることはあまりにも有名。

shichinin0.jpg

▲名作のセルフリメーク版。舞台は21世紀の埼玉県。大学を卒業後、マンガばかり読んでいる青年7人が主人公。古びたニュータウンの片隅にある書店が、万引きの増加で廃業を考えていることを知った彼らは秘策を練るが・・

kounaien0.jpg

▲てっちゃんが六年生になった頃、お父さんの表情に異変が。お父さんの病気は、どうやら「沖縄と戦争」に原因があるらしい。なぜ、お父さんの心の中だけ戦争は続くのだろう?

naderu0.jpg

▲手で触るという行為の物語から、日本人の精神論へと結びつけた異色の作品。婦人団体からは「親子関係の描き方が扇情的」という抗議も。海外では「日本人の対人関係の取り方」は、この映画を見ればわかると言われている。

muudadayo0.jpg

▲真夜中の屋根のぼりは、陽子のとっておきの秘密の遊びだった。しきたりや行事を寡黙に、確実にやり遂げる女たち。失われつつある生活の原点がある。


で、映画ポスター風に作ったのがこちら。

noraama.jpg

出演者のお名前に深い意味はありませんよ。それに「尼じゃなくて海女じゃん」とか言わないでくださいね。


ここで皆さんに告知

投稿募集!こんな酒のラベルあったらイヤだ!

「ありえない酒のラベル」で書いて欲しい、あなたが考えた「酒のラベル」を、宙プロ( chu-pro@chu-pro.jp )までメールで送ってください。そのほか、筆で書いて欲しい内容なども、書いてくれれば、こちらで鋭意検討させていただきます。


ご感想などありましたら、 皆さんのコメント宙毒 までお願いします。

ここを見た人はのべ 5485 人。