ひきこもり刑事(デカ)/第1話

2009-09-03 (木) 22:58:54 (3001d)

ひきこもり刑事(デカ)/TOP

第1話 ひきこもり刑事登場

 神奈川県横浜市の高級住宅地にある「横浜田園署」。イタリア料理屋で、ランチと愚痴をたしなむ有閑マダムが闊歩する街に、あまり似つかわしくない古い建物の警察署だ。

 3階の刑事課の部屋。ドアの横には、筆で書かれた「ネット犯罪抑止対策強化励行月間」という看板がある。そこが、穴戸ヤスオの仕事場だ。

 いきせききって先輩がやってきた。どうやら、犯人グループの拠点のアパートが見つかったらしい。

「おい、ヤスオ。これ、ガサ状(家宅捜索令状)申請してくれ」

「はい。どこでしたっけ?」

「裁判所だよ」

「はい」

 さっそく、PC画面に向かって、Googleを呼び出す。フォームに「裁判所」と打ち込み、「I'm feeling lucky」を押すヤスオ。このボタンを押すとき、いつも不気味な笑顔になっているが、本人は気づいていない。

hikideka-1-google.gif

 出てきたHP( http://www.courts.go.jp/ ) を見渡すが、なかなか要領を得ないヤスオ。

 数時間後。先輩から聞かれるヤスオ。

「おい、ヤスオ。ガサ状どうなった?」

「はい。申し込んだんですが」

「申し込んだ?」

「ええ。サイトみたんですけど、よくわからなくて、とりあえずウェブマスターに問い合わせのメール送っておきました」

「……」

「え?もしかして、暗号化したほうがよかったですか?」

「…………」

hikideka-1-mail.gif

がんばれヤスオ。事件は現場で起きてるんじゃない、ネットで起きてるんだ !


第2話「ITベンチャー不正取引事件を洗え」につづく


ご感想などありましたら、 皆さんのコメント宙毒 までお願いします。

ここを見た人はのべ 3267 人(09/9/3以降)。

この話はフィクションであり、実在する団体や個人とはいかなる関係もありません。神奈川県警だけ名前を借りましたが、あとの固有名詞は全部実在しません。