ひきこもり刑事(デカ)/第4話

2009-09-03 (木) 23:06:54 (2876d)

ひきこもり刑事(デカ)/TOP

第4話 田園署恒例・バーベキュー大会を遂行せよ

「おい、穴戸、昼休みにでもマルヒロで、頼んだぞ。」

駅前スーパーで肉の買出しを指名されたヤスオ。
行楽シーズン、バーベキューは署内慣例の行事になっているのだ。

さっそくパソコン画面に向かい開いたページは『Yahoo!オークション』。

「情報も肉も鮮度が命。」ネットの世界に滑り込むヤスオに迷いはない。

hikideka-4-kensaku.gif

『とろける(≧∇≦)《牛ほほ》約1kg1頭分!300gプリップリです♪ 』
2,780 円 6時間

「よし来た。」今日もネット嗅覚が冴え渡る。

その後も木炭、レジャーシート、割り箸…。

カタカタカタッタタ…最安値で落札でミラクル連発である 。

ついでに私用のブツも落札するヤスオ。


クーラーボックスに冷えたビール、署員が家族を連れ立って集まるバーベキュー当日。

あとはヤスオのプリップリ♪(≧∇≦)の肉待ちである。

「幹事さーん、お肉は?」交通課の婦人警官が、ヤスオにたずねる。

指し示した大きなダンボールに、湧き上がる子供たちの歓声。鼻高々のヤスオ。

みんなに囲まれて開いたダンボールの中にあったものは… 冷却ファン。

どうやら、ついでに落札した私物と、肉を取り違えて、

会場にもってきてしまったらしい。

いまごろ、肉は田園署のロッカーの中で、じわじわと腐りかけているに違いない。

「お肉はー」泣き叫ぶ、子供たちの声の中、ヤスオの意識も遠ざかりかけていた。

その日の晩。厳しい顔で自宅のPCに向かうヤスオ。

すばやいキータッチの後、晴れ晴れとした表情で顔をあげた。

モニターに映し出された画面とは…

hikideka-4-hyouka.gif

がんばれヤスオ。でも、八つ当たりはほどほどにね !


第5話につづく

ご感想などありましたら、 皆さんのコメント宙毒 までお願いします。

ここを見た人はのべ 3722 人(09/9/3以降)。

この話はフィクションであり、実在する団体や個人とはいかなる関係もありません。